【JALCA既卒合格】”素”で挑んだリベンジJALCA受験

CA合格Story(合格体験記)
スポンサーリンク

JALのCA受験で”素”を伝えて欲しいと人事の方が採用ホームページでおっしゃっていますが、これは何を意味するかご存知ですか?

中には、エアライン受験で”素”を伝える為に試行錯誤している方もいらっしゃると思います。JALだけでなく日系、外資系エアラインどちらでも面接で”素”を伝えることは非常に大事です。

今回CAラボの「自己分析&企業研究」の受講生Kさんも、まさにその大切さを実感してコンタクト下さいました。

CAになろうと決意しスタートを切ったものの紆余曲折された期間は3年以上。けれどもその経験を通して、様々なことを学んだと感想を頂いたKさんのJALCA合格Storyです。

  1. CAラボを受講する前は、どのようなことで悩んでいましたか。
転職回数の多さ・何度もエアラインを受験しましたが合格しない・自分の人生が思うようにいかない・自分に自信がない・・・もう何から何まで不安だらけでした。私は約3年半前からCAを志しましたが、なかなか受からず、「自分の人生はCAにならないまま終わってしまうのかな・・?後悔の想いを抱えていくのかな・・?」と悲観的なことばかり考えていました。昔の友人と会って「今何やってるの?」と聞かれても、堂々と答えられず自信を失っていました

2. CAラボを選んだ理由は何でしたか。他に比較したところはありますか。

自己分析に特化していたところです。私はエアラインスクールに通っていましたが「転職してしまったし、あと2年はCAになることは難しいわね」と当時の講師に言われたり、某ブログの有名先生にも「JAL/ANAのCAになれる確率はない」と言われ涙を流したこともありました。
また、エアラインスクール時代面接練習を完璧にこなしても面接を突破できなかったことから、CAになれない原因は自分自身を等身大で表現できていないことなのではないか?と考え、インターネットで検索し行きついたところが、CAラボでした。

最初は「ゆりさんと直接お会いするわけでもないし、どんな人かもわからない。本当にここを選んでいいのか?」と半信半疑で探り探りでいました。ゆりさんごめんなさい。(笑)しかし数か月気になっていたので思い切って申し込みました。

3. CAラボ「自己分析講座」の感想をお聞かせください。

ゆりさんは魔法使いなのでしょうか?入会して本当によかったです。5月末から始め、毎日のようにゆりさんとメールでやりとりをしました。ゆりさんのメールは毎日返ってきて、同じ目線になって一緒に考えてくれました。ゆりさんの講座は自主性を大切にしていて私もペースでできたこともよかったです。CAラボの自己分析講座は濃い内容でした。CA受験のためだけではなく、今後の自分の人生に軸を持って生きることを教えてくれました。

また、この講座は面接の本質を教えてくれました。面接練習をやみくもにこなすのではなく自分の等身大を相手に伝える方法を考えるきっかけとなりました。

4. 「JAL受験対策」で面接を振り返った感想を聞かせて下さい。

今回の最終面接で「自分の魂を伝えきった!!!!やりきった!もうこれで落ちたらご縁がないだけだな。すっきりした!」という気持ちになりました。今までこのような感覚にならなかったので、本当に不思議な感覚でした。すべての面接にて、自己分析講座でやってきた自分の生い立ちをありのままに面接官に伝えることができていたなと思っています。

私は今回、面接練習は行わずに、ゆりさんとのメールの中でできた自分軸を自分の思考回路に照らし合わせる作業のみしていました。そうすることで面接官と自然にコミュニケーションをとることができました。勿論、面接練習するかしないかは人にもよると思いますが、「自分を知る」ことは面接やコミュニケーションにおいての基礎だと思います。

また、今回の面接はありのままを見てもらえばいいのだなと分かったので、髪型も一つ結び・メイクも自己流・スーツはいつも仕事で着ているもので行きました。ありのままの自分でJALに合格することができて本当によかったです。

ゆりさん、本当にありがとうございました!!!!

全てがメールや音声でのやりとりなので、ご受講を決める際ご不安も大きかったと思います(笑)思い切って飛び込んで頂き、良かったです。ありがとうございます!

確かに履歴書だけを見れば、転職回数が多いのはマイナスかもしれません。

けれども、転職回数が多いことを跳ね返すくらい仕事で実績を出されていたKさん。更に根本的なところではしっかりと継続できる力を持っていらっしゃったので、あとはそこをどう伝えるか?ということを一緒に考えていきました。

伝え方は面接官に受けの良さそうな内容にしたり、受かりやすいと思われる回答を準備したわけでは決してないのです。

ただ、その人らしさやありのままの”素”をどう伝えるかを考えただけ。

そこがCAラボのアピールポイント!エアラインCA1発合格5回の経験とこれまでのCA合格サポートで、伝え方は心得ております。

そうすると”本人の人柄や本質”が面接官にそのまま通じます。そこまでやれば、本人も納得のいく就活ができるのです。やりきったから、悔いはない。そして、ご縁があれば結果は後からついてきます。無理と言われても高倍率でも難関でも合格してしまうのです。

CA就活スタート当初から一般的なちまたにあふれるエアライン受験の情報の中で”素”を伝えるということはどうういう意味なのかを理解するのは、非常に難しいかもしれません。

ご本人は人から”CAになるのは難しい”と言われてしまったので、その点について自信を失っていらっしゃったのも事実。でも、本当ならば失わないでも良かった個性と自信でした。

だからこそ、手前味噌ですがこのブログではCA就活スタートが肝心で、間違った方向に行かないよう準備の仕方をお伝えしています。

ありがたいことに、CA合格した方でこのブログが大変役に立ったとお礼をいただくこともしばしば。

ブログが役立ったとお礼を下さった方の合格Story
【JAL・ANA 既卒CAダブル合格】自力でCAの夢を叶えた合格Story(体験記)
今回、Nさんに独学でJAL、ANA既卒客室乗務員に合格するまでにどのようなことをしたのか?エアラインスクールに通わず独学でご準備されている方にとっては、とても興味ありますよね。そこで今後、エアラインスクールに通わずに客室乗務員合格を目指す方達のためにアドバイスを伺いました。

なぜなら、方向性を間違えるとせっかくエアラインで活躍できそうな方でも合格に繋げることがなかなかできないというエアラインに取っても、その方にとっても悲しい出来事が起きてしまうことがあるからです。

目標に向かってコツコツと努力を積み重ねてきたKさん、自分と向き合い全力で”素”を出し切ったJALCA合格Storyでした!

【JALCA既卒合格】スクールで学んだ魅せ方と自己分析のコラボ合格
自己分析講座を受講されたのが今年の6月。まさに最短最速でのJAL CA合格です。「CAになるための自己分析」をしてどのようにしてCA合格を引き寄せたのか?JALCA合格ストーリーをお伝えします。
JAL・ANACAに合格した人の共通点
自己分析専門エアラインスクールCAラボでは、2018年JAL・ANA既卒客室乗務員募集でJAL1名・ANA2名内定されました!これまで客室乗務員を目指す方々のエアライン受験準備を自己分析を通してサポートしてきましたが、振り返るとエアラインのCAに合格される方は3つの共通点がありました。今回はそのの3つの共通点についてお伝えします。
キャビンアテンダント合格準備オンライン講座
CA合格のための自己分析から面接対策までこれで完璧
エアライン就活カウンセリング:CAやGSに受かるコツお伝えしています。
エアラインのCA・GSに受かるコツがあるとしたら、知りたくないですか?エアラインの客室乗務員5社にエアラインスクールに通わず合格した体験があるからこそできるアドバイスをしています。カウンセリングでは最短で効率よくCA・GSに合格する方法や、業界内転職を成功させる方法がわかります。
スポンサーリンク