ANAウィングスのCA合格企業研究

エアライン企業研究
スポンサーリンク

ANAウィングスの会社について

ANAグループの国内線4割を担うANAウィングス。

 

ANAグループはマルチブランド戦略と言って、航空事業をブランドごとに会社を別けて、一つ一つ独立した会社で経営しています。

 

その中でもANAウィングスはANAグループの航空事業に属してエアジャパンや全日空と同じフルサービスキャリアの1つです。もう片方にLCCとしてピーチがあります。

 

ANAグループのLCCもフルサービスキャリアもどちらも、どこかの子会社というような関係ではなく同等の立場というのが特徴です。

 

元々ANAウィングスは2010年に全日空のエアニッポンネットワーク、エアーネクスト、エアーセントラルと統合して発足しました。

 

ANAウイングスは、小型機運航に特化しています。DHC8-Q400、B737-500、B737-700/800を使用して主に中部、関西、福岡などをベースに1日約330便運航、国産初のジェット旅客機「MRJ」の導入も予定しています。

 

ANAウィングスの経営ビジョン

 

私たちANAウィングスは、
豊かな発想とチャレンジ精神を発揮することで
より高い品質を常に追求し、大きく成長します。

 

ANAウィングス人材戦略

主体性と自立性を持ち、自らキャリアを切り拓く

“プロフェッショナル人材”の創造

「お客様に寄り添ったサービス」「地域社会に貢献」「ANAブランドを支えるエアライン」を常に意識して以下の3つを大切にしています。

 

 

「徹底的にお客様」

「地域を結ぶ小型機価値満載」

「愛されるウィングス」

 

 

ANAウィングスの客室乗務員の魅力

スポンサーリンク

✔お客様との距離が近い、お客様接点を沢山持つことができる

✔小型機だからこそ出来るサービス

✔歴史は浅く成熟した会社ではない

✔比較的若いうちからさまざまな経験の機会を与えてくれる

✔地域のお客様に身近な存在

✔客室乗務員の乗務人数も2名から4名と少数

✔顔の見える少人数の組織

ANAウィングスの求めるCA像

 

ANAウィングスの求める人材像を把握するためには、3つの基本的な役割を理解します。

 

 

 

①保安要員

②サービス要員

③マーケティング要員

 

 

 

①と②はたいていどこのエアラインでもみかけますが、③のマーケティング要員が役割の中にきっちりと組み込まれているのがANAウィングスの特徴です。

 

ここでは、機内販売などを通してお客様のニーズを把握し新しい商品やサービスを作るアイデアの源を拾ってくる役割です。

 

この役割を担うためには、ANAウィングスの経営ビジョンにもありますように、豊かな発想力が必要です。そして、お客様の顕在的、潜在的ニーズを見つける為には多様な経験というのが役立ちます。

 

この経験は何もサービス業に限った物でなくていいのです。むしろ全く違った業種や経験を持った人達が集まることで多様な視点を持つことが出来るからです。

 

お客様の声を新たなサービスに繋げたANAバーチャルハリウッド

ANAウィングスの客室乗務員がマーケティング要員としての役割を発揮して実現したのがANAバーチャルハリウッドの一環として行った企画です。

 

ANAバーチャルハリウッドとは

大観衆を感動させるハリウッド映画のように、お客様に「感動」を与える企画の実現を目指した、ANAグループ社員による自発的提案活動です。

 

ANAグループの機内での実話(お客様の依頼を受けて、お客様同士のプロポーズをCAがサポート)に触発され、ANAらしいエアラインならではの取り組みとして提案。2013年10月と2017年3月に中部国際空港にて実施。

 

ANAウィングスとセントレア(中部国際空港)のコラボレーション企画で空の上での結婚式が行われました!

セントレアとANA、「空の上での結婚式」実施 機内で挙式・空港で披露宴。福原愛選手もお祝いメッセージ - トラベル WatchセントレアとANA、「空の上での結婚式」実施 機内で挙式・空港で披露宴。福原愛選手もお祝いメッセージ – トラベル Watch 

ANAウィングス企業研究まとめ

2020年には東京オリンピック、パラリンピックの開催、首都圏空港の発着枠拡大などさらなる成長のチャンスを迎えます。ANAグループのエアラインとして国際線からの乗り継ぎで外国人のお客様の利用もますます増えるでしょう。

 

大きな会社の小さな歯車ではなく、一人一人が自立して主体的に動き大きな歯車であるという自覚が求められるANAウィングス。

 

お客様との距離も近く、短時間でいかにお客様の思い出となるようなサービスを提供しANAブランドでもある親しみやすさを感じてファンになってもらう。その挑戦は、とてもやりがいがありますね。

ANAウィングスCA合格された方の声
企業研究を始めてしっかりしました。特にHPから気になった言葉を抜きだし、自分の経験などと照らし合わせた事がなかったので、これが物凄くためになりました!ウイングスの理念と私の価値観を結びつける事ができ、何度か尋ねられる中自信をもって答える事ができました。続きはこちら
【ANAウィングスCA合格】身長155㎝新卒CA・GSダブル合格Story(体験記)
Aさんは、大手エアラインスクールに通われていて6月に入っても内定がどこからももらえ無い状態でした。CAラボで自己分析をやり面接で伝える内容を徹底的に磨き上げ1ヶ月未満でANAウィングスをはじめ地上職も2社合格された合格体験記です。エアラインスクールのメリット&デメリットもわかります。
CA合格に繋がる企業研究のやり方をご存知ですか?
もし、あなたが「たくさんの企業の情報を知っていることで熱意をアピール」「面接官を喜ばす」などのために企業研究をされているとしたら要注意!

エアラインから「よく企業研究されている」と感心されたやり方はこちら

キャビンアテンダント合格準備オンライン講座
CA合格のための自己分析から面接対策までこれで完璧
CA合格する為に必要な企業研究のコツをお伝えします。
エアライン就活カウンセリング:CAやGSに受かるコツお伝えしています。
エアラインのCA・GSに受かるコツがあるとしたら、知りたくないですか?エアラインの客室乗務員5社にエアラインスクールに通わず合格した体験があるからこそできるアドバイスをしています。カウンセリングでは最短で効率よくCA・GSに合格する方法や、業界内転職を成功させる方法がわかります。
エアライン企業研究シリーズ
エアラインCA募集
「エアラインCA募集」の記事一覧です。
スポンサーリンク