外資系エアラインCAになるための英語面接対策

エアライン就活

外資系航空会社のCAを目指す方にとって、英語面接対策は必須ですよね。

この英語面接対策、どのような質問をされるのか?どれくらいのレベルが必要なのか?そのためにどのような準備が必要なのか知っておくとやることが明確になると思います。

これまで私は、英欧米系の外資系航空会社3社で1次面接から最終までの英語面接を経て内定をいただきました。

そこで、外資系エアラインのCAに合格するための英語面接について知っておくと役に立つことと外資系エアライン英語面接対策がひとりでできる講座をご紹介します。

外資系エアラインCA面接で面接官は何をみる?

外資系と日系の航空会社は求める客室乗務員像について、共通している部分もありますが違う部分もあります。

 

「外資系エアラインのCAは即戦力を求めている」ということを聞いたことがありませんか?

 

日本ではこれまで入社した人を一から磨き上げ会社の求める人材に育て上げるという仕組みが一般的で、一度入社したら退職まで同じ会社にいるいわゆる終身雇用型でした。(最近は変わってきましたが、、、)

 

海外、特に欧米などでは仕事は専門ごとの分担制で役割がきっちりとわけられています。

 

1つの会社にずっといることはまれで専門スキルを磨いて、上を目指し転職を繰り返します。

 

例えば「仕事は何をしていますか?」という質問に対して、日本では「○○会社で○○をやっています。」というのが一般的です。

 

欧米では、「マーケティングをやっています。」とか「秘書をしています。」「客室乗務員をしています。」など会社名ではなく、その人の仕事の専門を伝えます。

 

外国とりわけ欧米などでは「専門性」というものが非常に大切なのです。

 

なので、客室乗務員の仕事にしても接客のスキルや経験など、その専門性を持ちあわしているかどうかが重視されます。

外資系CAの採用試験の英語面接で聞かれる質問

これまで私は、3社の外資系エアラインで英語面接を受けてきましたが、最終試験は個人面接で、かなり掘り下げられます。

 

Tell me a time when~.などの質問で過去の経験から私が考える事や行動について根掘り葉掘り。

 

回答が浅すぎたという理由も考えられますが、1つのトピックに2回以上は突っ込まれました。「ひえぇ~もうこれ以上は許して下さい~」という感じです。

 

しかも英語のみで面接官2対受験生1で4~50分以上だったりもするので、本当に疲れます。

 

他には、外資系エアラインの面接質問で、ロールプレイ問題というのがあります。いわゆるWhat would you do if~.(もし~だったらあなたはどうしますか?)などで始まる質問です。

 

これは、ある役割になってその状況や出来事にどう対応するか尋ねています。

 

例えば、

What would you do if you notice one of your passengers smoking a cigarette on the flight?

(あなたが客室乗務員だったとして、機内でタバコを吸うお客様を見つけました。あなたらどう対応しますか?)

 

CA経験者の方は、対応の仕方は心得ているので対応出来ると思うのですが、未経験ですとなにをどう言ったらいいかわからず戸惑うことも多いと思います。

 

もちろん客室乗務員の役割を理解していれば、未経験者の方でも回答はできます。けれどもそういう質問に対しても、実は適切な回答をするためのパターン知る事によって、より自信を持って回答出来るようになります。

英語面接に対応するために必要な英語力

私もそうですが、外資系エアラインを目指す方にとって英語はEnglish as a second language(第2言語)という方が大半ではないでしょうか?

 

なので英語面接に必要な英語力は、どれくらいか気になるところですよね。

 

実際、英語面接質問を理解する力も必要ですし、CAの仕事を担うことができる「専門性を持っています!」ということを英語でアピールする必要もあります。また、過去のエピソードや自分の考えなどを論理的にわかりやすく伝える力も必要です。

 

日本語でも対応が難しい面接を英語でこなさなくてはならないのですから、結構大変!

 

ここまでですと、「難しそう」と思われるかもしれません。

 

けれども、最低限自分の「考え」や「言いたいこと」が言えるレベルでしたら、そこから英語面接対策をしっかりと行っていけば対応出来ます。

 

そこをどう乗り越えたのか?

 

実は、ネィティブでない人が英語面接を突破するためには、コツがあります。

英語で自分を伝える為に必要な事

そのコツとはまずは、英語と日本語のコミュニケーションスタイルの違いを知る。伝え方を知るということです。

 

英語と日本語では先ほどの仕事についてもそうですが、そもそもコミュニケーションスタイルが違います。

 

日本の文化は「察する文化」と良く言われますが、欧米ではコミュニケーションを取る場合それでは通じません。

 

サービスに関しても同じ。

 

日本のおもてなしが良いと言っていきなり外国のお客様に日本風のサービスをしても、まったく日本の文化的な背景を知らない外国の方にとっては訳がわからないのです。

 

面接でも同じ事がおきます。

 

日本のコミュニケーションスタイルで英語面接に対応しようとすると、実はかなり難易度が高くなってしまい自分の英語力のなさに自信をなくしてしまうこともあります。

 

では、どうしたらいいのか?といいますと、相手の軸に立ってコミュニケーションを取るのが一番効率的で、自分を効果的に伝える事ができます。

 

それには、英語で相手に自分の伝えたい事をわかりやすく伝える為のノウハウを身につけるのが一番です。

 

これを知って準備をすれば、英会話や英語面接もハードルが低くなります。

英語で自分を伝えるコツを独学で身につける

コミュニケーションスタイルの違いを理解して英語で効果的に自分を伝える方法を知れば、中学校で習う程度の文法力で自分の事を最低限英語で伝えるよう練習するだけ。

 

私はこのコツとノウハウを活かすことによって自分を面接官に伝え、合格することができました。英語面接スキルをアップさせたい方にとっては、知っておくと遠回りしないで済むかもしれません。

 

その英語面接のコツとノウハウを知りたい!という方には動画講座をご用意しています。

 

英語のコミュニケーションスタイルなど、効率的に英語面接スキルを身につけられる方法や実際の面接質問とそれに対するサンプル回答などもご紹介しています。

 

動画講座を受講するとあなたは

✔外資系エアライン面接官が必ずチェックする3つのポイントを把握でき、どこをみられているのかがわかります。
✔外資系エアライン客室乗務員の役割を理解でき、自己PRで自分の何を伝えたら良いかわかります。
✔ロールプレイ問題に関する知識をつけることによって、未経験の方でも自信を持って対応出来るようになります。
✔外資系エアラインの面接質問を使って練習が出来ます。
✔英語面接の効果的な回答法がわかります。
✔英語のコミュニケーションスタイルを身につけられます。
✔外資系エアラインの企業研究でなにをすれば良いかわかります。

動画講座なのでどこでも、好きなときにご受講可能です。欧・米・英の外資系エアライン1発合格した英語面接突破のコツとノウハウが満載!

外資系エアライン英語面接対策講座

外資系エアライン英語面接対策講座
エアライン独学CA合格講座シリーズ4

まとめ

外資系エアラインの英語面接の傾向がわかれば、あとはそれに応じた準備をしていくだけです。

伝える内容は、日本語と変わりませんのでスムースに回答出来るよう準備に力を入れていくといいと思います。

英語の面接質問も種類はたくさんありますが、回答の中身は使い回し出来るモノが多いです。

そういったことも、たくさんの英語面接質問に触れるとわかるようになります。そこまで準備をすると、どのような質問でも対応できるようになりますよ。

回答練習をたくさんして本番で自信を持って自分を伝えられますように!